初心者が知っておくべき債務整理の内容

  • 債務整理にかかる費用について

    • 債務整理を行う場合には費用が発生することになりますが、まず、一番安く行う方法としては自分自身で解決を図ることを上げることができます。



      ここでは、債務整理の方法にもよりますが、一般的には収入印紙、それぞれ郵送される場合やする場合に使用する切手代、また、必要とされる公的書類の入手費用程度で済ますことができ、低額にて行うことができます。



      債務整理では、内容によっては煩雑さを伴うことから、成功率も含めて司法書士や弁護士への委託をすることも多く、この場合には、通常は、相談料、着手金、成功報酬によって、その費用が決まっています。

      相続借金ならこちらのサイトがオススメです。

      かつては、依頼者の利益に関しての金額が140万円まで対応できる司法書士の方が弁護士に比べた場合には安い場合もありましたが、現在では、その差がほとんど無い事務所も多く、また、中には相談料や着手金が不要となっている事務所も存在します。



      弁護士事務所に依頼をした場合には、たとえば、全国展開をしている大手事務所を例にとれば、任意整理では1社あたりとして、着手金では43、200円、報酬金としては、免除することができた金額や減額された額に対しての10.8%を乗じた金額が掲げられています。



      また、個人民事再生においては、着手金としては住宅ローン特例ありでは518、400円、特例なしでは410、400円となっており、他に200、000円弱がかかる内容になっています。

      https://allabout.co.jp/gm/gc/463929/

      債務整理ではそれぞれの法律事務所によっても、その金額には違いがあるために、特に裁判所を活用して行う方法を選択する場合などでは事前に見積りを取るなどの確認が必要になります。

      https://news.biglobe.ne.jp/economy/0102/dol_170102_9248328597.html

      https://4meee.com/articles/view/89728

  • 関連リンク

    • 債務整理は、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。しかし、債務整理を行いたいと思っていても、費用が気になって行うことが出来ないと感じている人も多いのではないでしょうか。...

    • 債務整理を行う場合には費用が発生することになりますが、まず、一番安く行う方法としては自分自身で解決を図ることを上げることができます。ここでは、債務整理の方法にもよりますが、一般的には収入印紙、それぞれ郵送される場合やする場合に使用する切手代、また、必要とされる公的書類の入手費用程度で済ますことができ、低額にて行うことができます。...